FC2ブログ

アイドル好きをやめられない人にオススメしたいドラマ『応答せよ1997』

2016-03-09

思わず見てしまったこの記事。タイトル見てクリックしちゃった!

元「H.O.T.」トニー・アン、メンズコスメ事業に挑戦 ”CEOに変身”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-00000066-wow-asent





―「H.O.T.」って実在するんだ!!!!?


『応答せよ1997』という韓国ドラマに出てくる「H.O.T.」



ドラマ内の主人公の女の子が、学生時代に熱中していたというアイドルグループ!
そしてこの主人公が追っかけしてたのが、この「H.O.T.」というグループのトニーさん。



確か釜山ファンクラブの代表の前で、トニーさんにあてた血文字を書いて、ファンクラブの釜山役員になったんだよね。

しかしトニーさんはインタビューだったかラジオだったか何かで、“ファンからもらった衝撃の物”という質問にこの血書の事を答えていたような気が・・・笑


主人公は釜山の人だけど、ソウルに住むトニーさん宅で出待ちしてTシャツにサインしてもらったりしてたんだよねぇ~

たしかそのTシャツは家族に洗濯されちゃうんだけど(笑)





この作品、K-POP好きの姉の親友から教えてもらったんだけど、衝撃的だったなぁ。
おそらく長年韓流が好きな人には相当ウケが良かったんじゃないかと。



1997年辺りの事をドラマ化しているわけだけど、

「あ~これね、当時流行ったよね!」

「私も好きだったぁ~」

「こんなファッションしてたー」



とかそういう懐かしさもあるんだろうな~


今じゃインターネットでアイドルの名前を検索すれば、ものすごい量の噂話や目撃談、プライベート写真まで出回っているわけですが…
その頃はまだポケベルの時代だし、画像保存なんていう作業をしていたファンは少ないんじゃないかなー?

会いに行く(コンサート・イベント)のは今と違って振込み抽選が主流だったから、
当たりやすいと噂のATMに徹夜して並ぶとか、電話かけまくるとか・・・試行錯誤してたよね~今じゃインターネットでチョチョっと応募可能だけど。

CDは必ずCDショップで並ぶの必須(一番早くGETする、ポスター先着順)とか、
アイドル追っかけるのにもファンクラブの代表からじゃないと教えてもらえない情報あったよね!とか?(笑)

ほんとインターネットが身近になってからのアイドルとファンの関係って変わったと思う。
ツイッター・Facebookでアイドルから返信もらえる時代になって、国境すら関係なくなってきたけど、昔はどうだったんだろう?

1997年頃だと私はまだ小学生だから、その時代の韓国のアイドルやドラマは知らない。
でもアイドル好きに共通する“何か”はこの作品の中にあった気がするんだよね~
だから、姉の友人は私にこの作品を紹介したかったんだろうな、と。


生のオッパ(韓国で親しい年上男性を呼ぶ時の愛称・この場合トニーさん)に会えて、感激して泣いちゃう部分がちょっと昔の自分と被ってる気がしたー


全体的に懐かしい雰囲気を醸し出してるこのドラマ、なんだか台湾映画と似ている気がする。。。
『あの頃、君を追いかけた』(那些年,我們一起追的女孩)のようなノスタルジックな感じ。
運びも似てるかな、、、主人公たちが高校生から大学生、社会人と成長していく…該当する時代も同じ時代なのかもしれない。

にほんブログ村 芸能ブログ 華流・アジア 芸能人・タレントへ



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャスミン

Author:ジャスミン
中国アイドルTFBoys応援中!!日本に来て〜と毎日思ってます(笑)華流ドラマ、韓流ドラマが大好き。台湾が大好き。懸賞が大好き。ラーメンが大好き。スタンプ集めてます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
contact
リンク
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
広告